つなろっく

大学生つなの「イロトリドリでロックな毎日」ブログ

つなの大学受験二次試験体験記

スポンサーリンク

つなの大学受験二次試験体験記

おすっ!つな(@tu_na_69)です(●´ω`●)

お久しぶりです。二次試験が終わりました。

やっと勉強から解放されました~~~(≧◇≦)

 

 

前日は自分の布団でぐっすりと眠ることができたこともあり、緊張もほとんどありませんでした。いつも通り、落ち着いて問題が解けたかな、と思います。二次試験に行ってみて気づいたことをいくつかまとめたいと思います!

受験に行く際にぜひ参考にしてください。

 

試験会場への服装は…?制服or私服

今回わたしは制服で行きましたが、思っていたより私服で来ている人が多かったです。

 制服:私服=4:6

といったところでしょうか。

浪人生もいるので私服の人もいて当然ですが、私服の人がみんな浪人生とは考えづらい・・・。私と同じ学校の友達や、その他地元の高校の子は制服が多かったようです。地元の大学を受ける人は制服が無難かもしれませんね。

他県を受験する人は、荷物が多くなるということもあり、私服が良いのかもしれません。

それと、室内はヒーターが効いていて意外と暑かったり、逆にドアに近い席になると寒かったりと最適な温度でない可能性もあるので、セーターやパーカーなど脱ぎきしやすく、体温調節できるものを着ていくといいと思います。

 

 

試験中に脱ぎ着すると不正行為になるかもしれないので、注意してください。

 

親の付き添い

わたしは当日大学まで親に車で送ってもらいました。

意外と大学の駐車場が空いていたので、駐車場に車を停めました。

すると親が、「見に行ってみたーい」と無邪気に笑うので、(付き添いの親なんているのかしら)と思いながらも、控室まで一緒に行ってあげました。しかし、控室の中には予想を反してたくさんの保護者らしき人々がいました。座るところがないほど、親と来ていた人が多かったように思いました。

私の友達でも、県外へ受験に行く子はほとんどが親同伴で行っていたようです。

やはり、ついてきてもらった方が何かと安心ですよね(*´ω`)

万が一に備えて…

実はわたし、当日の朝からお腹が痛くなってしまったんです(´;ω;`)

健康だけは自信がある私ですが、このところ寒かったからでしょうか…。普段、腹痛や頭痛で薬を飲むことはないので、常備薬がないのです。実家から会場まで送迎もしてもらったので、行く途中で薬を買いに行ったり、ホッカイロを準備したりすることができましたが、これがもし、知らない土地だったら…

薬局がどこにあるのかもわからないし、余裕がなかったと思います。

 

人生とは、本当にいつ何が起こるかわかりません。

体調を崩して試験に集中できない、なんてことになっては元も子もありません。

当日は体調が悪かったからハンデとして+10点くれる、などという甘い奇跡は起こりません。

どんな状況であろうと、みんなが同じひとつのラインで評価されてしまう。

それが日本の受験システムです。

というようなことを、一週間前のわたしが言ってました。

pea-nut.hatenablog.com

 

万が一を想定し、備えておくことが、明暗を大きく分けることもあります。

万が一に備えて準備しておくといいもの

・薬(お腹、風邪、頭痛など)

 眠くなる成分の入っていないものがおすすめです!

 普段から常備薬のある人はもちろん、それ。

・ホッカイロ(貼るタイプもあるとGood)

・腹巻など

・のどあめ

 会場は乾燥していることも多いです

 

まとめ

わたしの二次試験体験記をまとめてみました。

今後、受験に挑む方にぜひ参考しして欲しいです!!

受験は平常心を保って、いつもどおりの力を発揮することが一番の必勝法です。

今までの努力を信じて頑張ってください!!!

な~んて、まるで合格体験記のコメント。しかし合格発表はまだですよ!

みなさんにツイッターで合格発表ができたらいいですね。

ということで、フォローよろしくお願いします(*‘∀‘)

 

 

ブログにTwitterの「フォローする」ボタンを設置する方法はこちらです。

pea-nut.hatenablog.com

 

ばーい👍