つなろっく

大学生つなの「イロトリドリでロックな毎日」ブログ

雪国でくっつくハガキはやめていただきたい説

スポンサーリンク

雪国でくっつくハガキはやめていただきたいという思いを込めた雪国pic

おすっ!つな(@tu_na_69)です(*^^)v

突然ですが、なぞなそです。 

 

いつもぴったり仲良し。

一枚めくるとつるつる。

よく見たらいらない。

これな~んだ。

 わたし、ちょっと困ってます

なぞなぞのヒントです。

たぶん、みなさんのおうちにも毎日のように届きます。

答えはコレ!

例のくっつくハガキのダイレクトメール。

二つ折りでくっついて、片面をめくると中にお知らせが書き込まれているあのハガキです。

あの子にも、ちゃんと名前があるんですよ。

「圧着ハガキ」と呼ばれているようです。

 ハガキの開き方によってV折、Z折、L折があります。

どうやってくっついてるの?

ぴたっとくっつく圧着ハガキ。

一度開くと、二度と張り付かなくなるというのも不思議ですよね。

どうなっているのでしょうか。

秘密は「UVニス」です。

めくるとテカテカしているのは、表面に塗られたUVニスによるもの。UVニスを強い圧力と熱で状態変化させることで、はがきの表面が密着されます。

一度開いてしまうと、二度と貼り付けることができないのは、私たち人間にはそれだけの圧力と熱がないからです。←簡単にいうとそういうことらしい。

鉄腕アトムなら、再び吸着させることができるのかもしれませんね。

 

 

でもいいんです、二度とくっつかなくたって。

そんなことは、どうでもいいんです。

このハガキを二度とくっつけようとする人は、皆無でしょうから。

雪国トラブル

この圧着ハガキ、雪国ではちょっとしたトラブルになります。

 

 

わたしの家では、玄関ポストの結露でDMはしっとりを通り越し、びっしょりになっていることがあります。

湿度を含みすぎてよれよれのダイレクトメール。

これを無理やり開こうとするとですね・・・

 

開こうとすると・・・

 

開こうと・・・んっ⁉

 

圧着ハガキが大変なことに!

 

開けない!!

何が困るかというと、こういうことなんです。

もう説明は不要ですよね。

めくれない(T_T)

そして読めない。

 

運よく、なんとか開いたとします。

中には、「会員のあなただけにお得なキャンペーンのお知らせ」が書かれているのです。

このハガキをご持参いただきますと、店頭価格からさらに30%オフ!!

しかし、もうぐしゃぐしゃすぎて店頭に持っていけない(T_T)

 

まとめ

雪国では、くっつく圧着ハガキは適応外です。

 

「ハガキをご持参いただかないと、お値引きできないんですよ」

カウンターの向こうで、お店のお姉さんは言った。

「そうですか」ととても残念そうにわたしは答えた。

本当は、このリュックの中に持っているんです。

ぐしゃぐしゃのハガキ。

わたしは言い出せなかった。

 

こんな哀しい思いはもうじゅうぶんです。

すてきなお知らせをお届けしたいみなさま、冬はメールとかネット配信でお願いします。

 

最後に。

「めくれない(T_T)」と入力したら「め紅」と変換されました。