つなろっく

大学生つなの「イロトリドリでロックな毎日」ブログ

記事数50を達成の記念にプロフィール画像を変更しました!

f:id:pea-nut:20180303104142g:plain

おすっ!つな(@tu_na_69)です(*^-^*)

ブログ再開から2か月、ついに「つなろっく」の総記事数が「50」を突破しました♪

 

 

 

先日2か月目のブログ運営報告をしたばかりですが、なんとこちらの記事が記念すべき50個目の記事になりました。

pea-nut.hatenablog.com

 

50記事を記念して、ブログのアイコンとプロフィール画像を変更しました。50記事の記念に、記録をスクショしておきます。

f:id:pea-nut:20180303104021p:plain

はてなスターをくれた方、ブックマークに登録してくださった方もいて、とても励みになります。ありがとうございました。先日は、はじめて外部リンクもいただきました。うれしいです。

記事数よりも続けること

ブログをはじめたら「まずは100記事」とか「最初は50記事を目指そう」といった内容の記事をみなさんも読んだことがあるのではないでしょうか。ブログをする上で、記事数は大きなポイントのひとつになっているようですが、わたしは総記事数はあまり意識せずにこのブログをやっています。

 

ここでの一番の目標は「続けること」です。

続けることは、簡単なようでいて実はとても難しいです。ダイエットや勉強、トレーニングなど「続かなかった」経験はだれにでもあると思います。やる気があるはじめのうちはいいのですが、時間がたつにつれてモチベーションが下がったり、「まいっか」となってしますよね。

「続ける」には強い意志が必要だと思います。どんなことも始めるのは簡単ですが、一番難しいのは「続けること」だと思います。

 

実際、わたしも続かなかったのです。ここのブログをはじめたのは2016年の8月でした。しばらく放置していたのですが、今年また再開しました。

 

続けることは難しいですが、毎日の歯磨きや片付けのように習慣化させることができれば、大変さを意識せずにできると思います。

習慣化していることの目標って回数じゃないですよね。

「今週は5日歯磨きしよう」とか「年間300日はトイレ掃除をしよう」という目標は立てないと思います。

毎日できるだけやり続けること。

できなくてもいちいちくよくよしない。

前の日にトイレ掃除ができなかったからといって、「せっかく続けていたのにもうやる気がしない」と落ち込む人はいないと思います。

ブログの記事投稿の目標も同じで、「毎日必ず」や投稿数を目標設定してしまうと、できなかったときにモチベーションが下がる気がします。それよりも、続けることで習慣化させることがまず大きな目標です。

続けていれば続けただけ、自然に記事数は増えます。

これからも、記事数はあまり意識せずに、コツコツと書いていきたいと思います。

 

記事を書く時のポイント

みなさんは、いつもどんな風に記事を書いていますか?

わたしは、手書きの下書きからはじめています。賢い人はノートを上手に使いこなしているそうです。わたしも、ノートは好きですが、ブログの記事はノートを使っていません。わたしが愛用しているのは、こちらです。

 

 

こちらは梅ちゃんshopさんで販売している更紙です。

「ザラ紙」と言われるものです。

わたしはよく計算やメモするのに学校のプリントの裏紙を使います。ざら紙の上を走る芯の音や感触が好きです。勉強してるって感じがするんですよね。

受験勉強にざら紙を使いたい!と話したら、親が箱買いしてくれました。この更紙をクリアファイルに入れて持ち歩いているので、勉強の合間やちょっとした息抜きタイムに思いついつくままに書き込みしています。

ネタとしてメモだけすることもあれば、一気に文章も書きあげることもあります。

あとで、更紙を元にパソコンで記事を打ち込みしていきます。

自分の文章を見直しながら、推敲しながら記事にします。

自分の文章を読み返して直すのはいい勉強になります。

 これからのつなろっく

どんなことでも、続けるのはやっぱり難しいです。

でも続けることで必ず、結果はついてきます。

ここのほかにもブログを運営しているのですが、そちらは毎日投稿できていません。アクセス数もそれほど。記事を投稿した日はアクセスがあがりますが、数日投稿しないとぐんと下がります。

「つなろっく」の先月のアクセス報告では、+400%↑以上のアクセス増加がありました。これも投稿を続けていたからではないかと思っています。

 

どんなことも、やめてしまったらそこで終わり。

だからこそ、どんな小さなことでも続けることには価値があるし、一方でやめることを選ぶ勇気にもわたしは敬意を持ちたいと思っています。

 

これからもあまり無理せずに、コツコツとひとつづつ記事を書いて、続けていきたいと思います。

新しいプロフィール画像とサイトアイコンもよろしくお願いします。